Home - My love - MYSELF - ライブデイズ - ラバーズ - アンケート - 伝言板 - リンク集 - chihide日記トップ - chihide日記7月

7/19の日記をUPしました。9/4


  
『西川貴教(さん)の僕らの音楽』を観て。
テーブルの右手に置いてある物が
軽く折りたたんだスカーフに見えて
何か意味があるスカーフなのかな・・・と気になりながら
お二方のトークを聞いていました。
あれはハワイのおみやげだったのですね。
気持ちが落ち着きました。
  
P.S.又ちゃんはボストンテリアだと思い込んでいました。(・_・)

  
『SONGS』を観て。
まずは、黒木瞳さんのコメントを聞いた感想から。
「(徳永さんを)はっきり言って、うんぬん。」というコメントを
黒木さんの表情を見ながら聞いたので
私は笑顔になっていました。
「都会の森」の映像が流れた時は手で目を覆いました。
なぜなら、一部分だけを観てしまうと、いろいろと考えてしまうからです。
  
山田洋次監督のコメントは
「山田洋次」という名の勲章を徳永さんが頂いたのと同じように思えて
私も誇らしかったです。

 9/4UP
    
「BATON Special Acoustic Live 2017」に出かけました。
  
質問コーナーにて、ファンの方から
「アルバム『BATON』の中で、徳永さんが一番気に入っている曲は何ですか?」
といった主旨の質問があり、
徳永さんは「全て。」という内容の答えをなさいました。
  
たとえば、私の身内などに赤ちゃんが10人(十つ子?)生まれて
「どの赤ちゃんが一番好き?」と問われたとしたら
「かけがえのない全員が好き!」と答える。。。と思い、納得しました。
  
「30th Anniversary Acoustic Special Live 2016」においても
「どのコンサートが一番印象に残っていますか?」といった質問がファンの方からあって
徳永さんは「全て(全部)。」と答えられました。
私はとてもうれしかったです。
  
  
この日、徳永さんはカヴァー曲「悲しい酒」と「ラヴ・イズ・オーヴァー」を歌われました。
私は『VOCALIST』シリーズ、好きです。
徳永さんの心と声を通すことによって
楽曲の良さを再確認できるからです。
  
私がそれまで聴いたことのなかった、
『VOCALIST VINTAGE』に収録されている「再会」は、私の宝物になりました。

   
『SONGS』の徳永さんのページに掲載された黒木瞳さんのコメントを読んで・・・
  
黒木さんは今になってもまだ「都会の森」を観られない私がいることを知らない。
  
過去に「都会の森」に関する日記を書いています。
2008/8/3の日記へ。

 
バトン


日記のトップに戻る